.
.
(戻る)

うさぎのクリニック/ふだんの飼い方


別の項目にダイエットに関する記載がありますが
基本は、運動することが大切なことは、言うまでもありません。
運動させないで、ケージの中だけで、食餌量を減らしても、
正常なダイエットは望めません。
我が家では、雨の日や寒い日、暑い日は別ですが、
毎日30分以上は部屋または外庭に出して遊ばせます。
外敵に会わないよう、常にそばにいてやります。(2006/12/30追記)
外は危険がいっぱいです。
また、有害なものを食べたり、足に付いた良くないものをなめたりします。
犬猫の通る場所へは出さないことです。
匂いで緊張しますし、犬猫の糞などから病気がうつることもあります。
部屋の中で遊び場が出来るなら、そのほうがいいかもしれません。
(2006/05/28記載)

(遊び場の広さ)
2畳の広さがあれば十分です。
広すぎると、外敵を警戒します。

(外敵からの保護)
犬・猫はもちろん、大型鳥類などから、保護できるように考えましょう。
カラスは攻撃することがあります。
トビは、小さなうさぎさんなら、つかんで持っていってしまうかもしれません。
一瞬のスキをねらわれますから、じゅうぶん注意しましょう。

犬・猫は本来、狩をするという本能があります。
いつも散歩して、匂いなどで、どこにうさぎがいるか、知っています。
スキがあれば、いつでも襲います。ほんの一瞬です。
犬などは、空腹でなくても、遊びや楽しみでうさぎを怪我させ、
殺してしまうことさえあります。
それは、本能なので、そういう性格を変えることはできません。
事故が起きるということは、犬猫の責任ではなく、まさに飼い主の責任です。
飼い主は、くれぐれも注意してください。
ちょっとでも油断すれば、とりかえしのつかないことになります。

(外で遊ばせるときの注意)
外敵の注意はもちろんですが
飼いうさぎは、野生のうさぎとちがって、毒のある植物の見分けができなく、
食べてしまって命をおとすことがあります。
また、落ちているビニールやプラスチックや、他の動物の糞を食べてしまうこともあります。
毒ではないにしても、うさぎが食べてはいけない植物はいっぱいありますし、
ふだん遊ばせる庭に、そのような植物が生えてくることもあります。

外に出す前に、飼主は、外の環境に十分注意して、
うさぎさんが食べてはいけないものがないか
調べてください。

(遊び)
どんな生き物でも、単に食べて生きているだけ、ということはありません。
うさぎさんは、ちょっと馴れてくると、
いっしょに遊んで欲しい、とアピールします。
仕事が忙しいなかでも、できるだけ時間を作って、いっしょに遊びましょう。
うさぎさんは、それぞれ性格がちがうので、
そのうさぎさんが何が好きか、は飼い主がよく観察して、
うさぎさんの気持ちをできるだけ知ることです。たとえば、撫でてもらうのが大好き
だったり、顔を拭いてもらうのが好きだったり。

ただし、抱っこには注意が必要です。
抱っこの高さから落ちるとケガや骨折になる場合が多くあります。

ラッピーの場合、抱っこすればおとなしくしていましたが、迷惑そうでした。
抱っこがいやで腕の中であばれただけで、背骨を傷めた例もあります。
かわいいと、どうしても抱っこしたいですが、
いやがるうさぎさんには抱っこはやめましょう。
わたしは、よくラッピーを抱いていましたが、うさぎさん本人はどう思っていたか・・・
うさぎさんの骨は細いです。十分に注意しましょう。


(戻る)
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

<EOF>