.
.
(戻る)

うさぎのクリニック/ふだんの飼い方


(移動・旅行)
家族そろって旅行や移動しなければならない時
一泊二日だったら、家においておきましょう。
基本的に、うさぎさんは、移動は嫌いです。
部屋の寒さ対策・暑さ対策は十分にしておきます。
チモシーはたっぷり与えておきます。

帰ってきた時、ペレット餌など一度に多く与えないでください。
この時の給餌は十分すぎるくらい注意し、少量を間隔をあけて与えてください。
とても空腹だった時は、たとえば
ペレット5個を5分間隔で与えて胃を慣れさせる、など。
そうしないと、空腹のあまり一気食いして危険な状態になる場合があります。
筆者も2〜3回、失敗しています。
心配なら一緒に連れていきます。

二泊三日以上だったら、
信頼できるペット屋さんか動物病院で預かってもらえるところを捜します。
または、一緒に連れていくことになりますが、体調をくずす恐れがあります。
車での移動は、できるだけ高速道路を使い、定速度を心がけます。
カーブ・発進・停止が多いと、うさぎさんは疲れて
ストレスがたまり、弱ってしまいます。

うさぎさんと暮らすのであれば、うさぎさんも家族の一員ですから、
旅行や移動はできるだけやめるか
だれか一人は、うさぎさんの世話をする人が家に残りましょう。
犬や猫とは、比較にならないほど、うさぎさんは神経質で弱い動物です。
ペット気分でいっしょに旅行、などと考えないでください。
遊びに、遠くへ連れ出すのも良くありません。



(戻る)
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

<EOF>