うさぎのクリニック/筆者より(ホームに戻る)

(ラッピーに捧げる)
飼い主の未熟さと不注意により、6年あまりで2004年8月15日朝、逝ってしまいました。
痛恨の犠牲の結果に残してくれた、貴重な教訓を生かし、こころ豊かな生活を
与えてくれたラッピーに感謝の気持ちをいつまでも忘れません。

(新しい生活)
飼育記録は、こちら、から 
(写真集は、こちら、から) 
(うさぎグッズ--コレクション--の写真は、こちら、から)

ラッピーが亡くなって、約1ヶ月後の2004年9月21日、
ラッピーの承諾を得て、新しいうさぎさんを迎えました。
1羽はメスのネザーランド、茶色、2歳4ヶ月 (名前は、さつき)
もう1羽はメスのミニウサギ、灰色、約0歳4ヶ月です。 (名前は、うーちゃん)
ケージは別々ですが、いる場所は同じ部屋です。
両方とも大勢の中にいたうさぎさんですので、心配した同居のストレスは、みうけられません。
現在、両方とも、いたって元気。
2004年9月30日、動物病院で健康診断。結果は両方とも異常なし。まずは、安心です。

(うーちゃん訃報)
たいへん悲しく残念なことに
2005年8月20日、うーちゃんが亡くなってしまいました。(詳しくは飼育記録を)
なんとも、悲しくて、言葉には表せません。

(さつきちゃん訃報)
2011年4月11日、さつきちゃんが急逝してしまいました。(詳しくは飼育記録を)
もうすぐ9歳でした。元気で長生きしたのに・・・かわいそうで、残念です。


(幼なすぎるペットの販売について)
読売新聞に掲載されていましたが
生まれたばかりの、幼なすぎるペットの販売を規制する法律ができるようです。
たいへんいいことと思います。

それぞれの動物には、適切な「親離れ」の時期があって、
それより早すぎる時期に離すと、健康上の問題や
精神上の問題が、生育とともに発生して、かわいそうな結果となってしまいます。
小さいペットは、かわいくて、販売しやすいので悪しき傾向にあると思いますが
幼なすぎるペットを育てることは、非常な困難と危険がともないます。
うさぎさんも、早すぎる親離れは、結果として健康に育ちません。
購入する側としても、ぜひ注意したいものです。(2005/10/08記)

(筆者が2004年12月の時点で思っていること)
うさぎさんは、本能的に、子孫を残したいと思っています。
繁殖させないで一生をペットとして飼うことが、ほんとうにうさぎさんのためにいいことか、
ずっと疑問に思っています。
人間の都合だけで、うさぎさんを飼っているのではないか、と。
結局、ラッピーも、子孫を残せないまま、亡くなってしまいました。
現在飼育中の、さつきも、うーちゃんも、繁殖できないでしょう。
現在の筆者の生活環境では、繁殖させる状況にありません。
また、
繁殖など、飼育の規模を拡大させた場合、筆者にもしも事故や病気で
飼育できなくなったときのことを考えると
とてもかわいそうで、これ以上、規模を拡大できません。
さつきも、うーちゃんも、今では飼主にすごく馴れてしまって・・・、
それだけに心配も多いのです。
飼育業者が潰れてしまったことなどインターネットで知ると、
言葉に表せないほど残念で悲しくなります。
理想と現実。とてもおおきな隔たりがあります。

(お力添えをいただいたかたがたへの感謝)
リンクを張らせていただいている、 http://homepage3.nifty.com/shozanR/eye/ (ラッコミさん)、
ありがとうございました。

飼育委員のころからおせわになりました、
S小学校生徒のみなさん、先生がた、ありがとうございました。

うさぎ飼育の教科書として使わせていただいています「あなたがウサギに出来ること」
ありがとうございます(リンク)

ウサギの情報やライブラリはとても有益です。
すすきの動物病院」ありがとうございます(リンク)

(ホームに戻る)



☆☆☆☆☆ うさぎのクリニック ☆☆☆☆☆ うさぎさんたちの幸せを祈って ☆☆☆☆☆














































<EOF>